年ぴよ 年表サイト

カテゴリ: 人物
評価: まあまあ
徳川家康
とくがわいえやす
徳川家康
生没 1543年1月31日-1616年6月1日
性別 男性
出生地 三河国(愛知県東部)
幼名:竹千代
補足・その他 江戸幕府の初代征夷大将軍
説明・解説 戦国時代から安土桃山時代・江戸時代前期にかけて活躍した武将・戦国大名。関ヶ原の戦いで西軍・石田三成らを倒し天下を統一。江戸幕府の初代征夷大将軍となる。
キーワード 武将 , 戦国大名 , 徳川将軍 , 将軍 , 天下統一 , 江戸幕府
時代 西暦(年号) 日付 出来事 参考(写真) 編集
室町 1542年
(天文11年)
12月26日 三河国の土豪である松平氏の第8代当主・松平広忠の嫡男として岡崎城で生まれる。 編集
1547年
(天文16年)
人質として駿府の守護大名・今川氏へ護送される途中に奪われ、尾張国の織田氏へ送られる。 編集
1549年
(天文18年)
今川義元が安祥城を攻め、織田信宏を人質にする。人質交換として竹千代(家康)は、駿府・守護大名・今川家の人質となる。 編集
04月03日 父・松平広忠が家臣に殺される。 編集
1555年
(天文24年)
元服して松平次郎三郎元信となる。 編集
1560年
(永禄3年)
05月19日 岡崎城に入城する。 桶狭間の戦い 尾張の織田信長が今川義元を倒す 編集
1562年
(永禄5年)
清洲同盟。清洲城を訪問して、織田信長と同盟を結ぶ。 編集
1563年
(永禄6年)
07月06日 松平元康から松平家康と改名する。 編集
1572年
(元亀3年)
三方ヶ原の戦い。徳川・織田連合軍が武田信玄と戦って大敗する。 武田軍に大敗した家康の苦渋を描かせた肖像画「しかみ像」
編集
安土桃山 1575年
(天正3年)
07月09日 長篠の戦い。三河国・長篠城(現:愛知県新城市長篠)をめぐり、織田信長・徳川家康の連合軍3万8000と武田勝頼軍1万5000の戦い。織田・徳川連合軍の圧勝となる。 編集
1579年
(天正7年)
05月02日 側室・お愛の方(西郷局)が、三男・秀忠(幼名:長丸)を浜松城にて出産。 編集
1582年
(天正10年)
本能寺の変の知らせを受け、大阪・堺より岡崎へ帰る。伊賀越えの危機。 本能寺の変により織田信長死す 編集
1584年
(天正12年)
小牧・長久手の戦い。羽柴秀吉陣営と織田信雄・徳川家康陣営の間で行われた戦い。 編集
1596年
(文禄5年)
豊臣秀吉が朝鮮再征を決定するが、家康は反対。江戸へ帰る。 編集
1600年
(慶長5年)
09月15日 関ヶ原の戦い。東軍・徳川家康が美濃の関ヶ原(現:岐阜県)で西軍・石田三成(総大将・毛利輝元)軍を破る。 編集
1603年
(慶長8年)
02月12日 家康、征夷大将軍に任じられる。江戸幕府を開く。 編集
1609年
(慶長14年)
オランダ船の来航を許可する。 編集
1611年
(慶長16年)
二条城で豊臣秀頼と会見する。 編集
ポルトガル人に貿易を許可する。 編集
1614年
(慶長19年)
方広寺鐘銘事件をきっかけとして、豊臣氏を完全に屈服させることを決意。 方広寺の梵鐘にある「国家安康」は家康の名を切ったものであると豊臣側へ言いがかりを付けた
編集
11月15日 大坂冬の陣 編集
1615年
(慶長20年)
大坂夏の陣 編集
江戸 1616年
(元和2年)
04月17日 午前10時頃、駿府城にて病没(享年75歳) 死因は鯛の天ぷらによる食中毒説があるが、胃がんの可能性がある 編集
年表の評価  [任意 - 評価:自由/コメント:全角200文字まで]
とても良い 良い 普通 悪い とても悪い
★年表に関して、ご意見・ご指摘等がありましたら入力してください。
このエントリーをはてなブックマークに追加