年ぴよ 年表サイト

カテゴリ: 人物
評価: 少し良い
フィンセント・ファン・ゴッホ
Vincent van Gogh
フィンセント・ファン・ゴッホ
生没 1853年3月30日-1890年7月29日
性別 男性
出生地 オランダ南部・北ブラバント州ブレダ
後期印象派画家
補足・その他 ブリュッセル王立美術アカデミー卒業
説明・解説 オランダの後期印象派の画家。感情の率直な表現、大胆な色使いで知られ、20世紀の美術に大きな影響を及ぼした。代表作には、『ジャガイモを食べる人々』、『ひまわり』、『タンギー爺さん』、『星月夜』などがある。
キーワード 画家 , 印象派 , 芸術 , 絵画 , オランダ , 後期印象派
時代 西暦(年号) 日付 出来事 参考(写真) 編集
江戸 1853年
(嘉永6年)
03月30日 オランダ南部の北ブラバント州ブレダに近いズンデルトの村牧師の父の元に産まれる 編集
明治 1869年から
(明治2年)
美術商として成功していた伯父のグーピル商会に勤め、熱心に働いた。 編集
1872年から
(明治5年)
兄弟の中で唯一気の合った弟のテオドルス(テオ)と文通を始める。 編集
1876年
(明治9年)
勤務態度があまりにも悪かったため、商会を退職させられる。牧師を目指し、貧しい人々のために献身的に活動を行う。 編集
1879年
(明治12年)
みすぼらしい有様が牧師らしくないと言われ、伝道師の仮免許を剥奪される。その後もしばらく炭坑で伝道の補助を行う。 編集
1880年
(明治13年)
画家となることを決心し、ブリュッセルでデッサンの勉強を始める。 編集
1881年
(明治14年)
実家に戻る。自宅に画室を作り、義理の従兄弟の画家アントン・モーヴにも指導を受ける。 編集
04月 エッテンの実家に戻り、田園風景や近くの農夫たちを素材に素描や水彩画を書き続ける。 編集
1885年
(明治18年)
実家を離れ、アントウェルペンの美術学校で学ぶ。 編集
1886年
(明治19年)
パリに移住する。フェルナン・コルモンの画塾で学び、ロートレックやエミール・ベルナール等と知り合う。特にロートレックはゴッホの数少ない理解者であった。 編集
1888年
(明治21年)
ポール・ゴーギャンと南フランスのアルルで共同生活を始める。しかし、不和となり、ゴーギャンに「自画像の耳の形がおかしい」と言われると、自分の左の耳たぶを切り取り、女友達に送り付けるなど奇行を始め、サン=レミ=ド=プロヴァンスの精神科病院に入院。 編集
1890年
(明治23年)
07月27日 パリ郊外のオーヴェル・シュル・オワーズで猟銃の弾を腹部に受ける。2日後に死亡。37歳没。 編集
年表の評価  [任意 - 評価:自由/コメント:全角200文字まで]
とても良い 良い 普通 悪い とても悪い
★年表に関して、ご意見・ご指摘等がありましたら入力してください。
このエントリーをはてなブックマークに追加