年ぴよ 年表サイト

カテゴリ: 場所・地名
評価: やや普通
佐賀県
さがけん
佐賀県
期間(〜終了)
地域・エリア 九州地方
通貨・言語・気候
道庁所在地:佐賀市
補足・その他
説明・解説 佐賀県がこれまでに歩んできた歴史・出来事を時代毎に年表形式でご紹介しています。
キーワード 佐賀県 , 都道府県 , 日本 , 九州地方 , 九州
時代 西暦(年号) 日付 出来事 参考(写真) 編集
飛鳥 665年 白村江の戦いの敗戦により大宰府防衛のため基肄城が築かれる。 編集
奈良 733年
(天平5年)
肥前国風土記が成立。 編集
平安 836年
(承和3年)
神埼荘が初期荘園として開墾、以後拡大し日宋貿易の拠点にもなったと見られている。 編集
鎌倉 1274年
(文永11年)
文永の役。 編集
1281年
(弘安4年)
弘安の役。 編集
安土桃山 1591年
(天正19年)
名護屋城普請、以降文禄・慶長の役を経て1598年(慶長3年)に廃城。 編集
江戸 1602年
(慶長7年)
唐津城、佐賀城築城。 編集
1607年
(慶長12年)
佐賀藩の実権が龍造寺氏から鍋島氏に移る。 編集
1732年
(享保17年)
享保の大飢饉。冷害とそれに伴う蝗害により穀物に大被害。餓死者は8万人で、当時の藩人口の2割に及んだと伝えられる。 編集
1771年
(明和8年)
虹の松原一揆。 編集
1781年
(天明元年)
佐賀藩校弘道館成立。 編集
1828年
(文政11年)
シーボルト台風により甚大な被害、有明海で高潮が発生するなど佐賀藩だけで死者1万人以上と推定。 編集
明治 1871年
(明治4年)
07月14日 廃藩置県。現在の県域には6県が成立し、以後統廃合を繰り返す。 編集
1874年
(明治7年)
佐賀の乱。 編集
1876年
(明治9年)
佐賀の乱への懲罰として、佐賀県が消滅(長崎県等へ編入)。 編集
1883年
(明治16年)
05月09日 現在の県域と一致する、最終的な佐賀県が成立(佐賀県復県)。 編集
1889年
(明治22年)
04月01日 佐賀市に市制施行。 編集
1891年
(明治24年)
九州鉄道長崎線、鳥栖?佐賀間開通。 編集
昭和 1932年
(昭和7年)
01月01日 唐津市に市制施行。 編集
1935年
(昭和10年)
国鉄佐賀線開通。 編集
1953年
(昭和28年)
昭和28年西日本水害発生。筑後川や嘉瀬川などが氾濫し、県内のみで死者59人。8万棟近くが浸水した。 編集
1954年
(昭和29年)
昭和の大合併により、鳥栖市、伊万里市、武雄市、鹿島市、多久市の5市が誕生(7市8郡18町35村)。 編集
1972年
(昭和47年)
西杵炭鉱の閉山により県内の炭鉱すべてが閉山。 編集
1975年
(昭和50年)
玄海原子力発電所の営業運転始まる。 編集
1976年
(昭和51年)
若楠国体開催。 編集
1987年
(昭和62年)
国鉄佐賀線が廃止。 編集
平成 1989年
(平成元年)
吉野ヶ里遺跡が日本最大の環濠集落であることが明らかになる。 編集
1990年
(平成2年)
長崎自動車道の県内区間が全通。 編集
1996年
(平成8年)
有田町・西有田町(両町とも現有田町)で世界・炎の博覧会開催。 編集
1998年
(平成10年)
川副町に佐賀空港開港。 編集
2001年
(平成13年)
国営吉野ヶ里歴史公園開園。 編集
2005年
(平成17年)
合併により1市1町が誕生。3月20日に福岡県西方沖地震が発生し、みやき町で県内観測史上最も強い震度6弱を観測。 編集
2006年
(平成18年)
合併により2市1町が誕生。 編集
2007年
(平成19年)
全国高校総体(2007青春・佐賀総体)開催。 編集
年表の評価  [任意 - 評価:自由/コメント:全角200文字まで]
とても良い 良い 普通 悪い とても悪い
★年表に関して、ご意見・ご指摘等がありましたら入力してください。
このエントリーをはてなブックマークに追加